伝え続けたい島の郷土芸能

朝日新聞12月21日付けの声の欄に、高島中学校の女子生徒が投稿した「伝え続けたい島の郷土芸能」が掲載されています。
10月に行われた幼小中合同文化祭で公演した「姫大蛇」。中学生11名で演技したが、来年はどうなるだろうか、と。なにか良い知恵はないかと、しっかりした文章で綴っています。

閉山後に島の伝承を元に創作されたのですが、島民が少なくなって、中学生が役を担うことになったそうです。その中学生も少なくなってきていて、この先の伝承が厳しくなってきているようです。

浩司さん、情報ありがとうございます。
[ 2008/12/25 14:58 ] 長崎 | TB(0) | CM(0)