北渓井坑跡についての記事

_MG_2605.jpg

10月7日の長崎新聞の記事。
市が遺構複製など3段階での遺構整備を整備活用委員会に説明。
史跡区域北西部の煙突跡で本年度行う発掘を経て、れんが造り遺構の複製を設置。

1段階 10年かけてジオラマ模型や説明板の設置。不要物の撤去。
2段階 区域北東の集落排水施設の撤去。展望デッキの設置。
3段階 区域南側の民有地買収、敷地全体の公有化。

「グラバー別邸」の復元は資料が少なく困難との認識。

との事です。
[ 2015/10/09 16:37 ] 長崎 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://akanecafe.blog120.fc2.com/tb.php/1157-ac7e5109