スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

崖崩れ



梅雨の長雨で蛎瀬の崖が崩れていました。
交通量が多くないので、心配は少ないでしょうか。
[ 2006/08/19 08:44 ] 長崎 | TB(0) | CM(6)

ご無沙汰しています。
間違っていたらゴメンなさい。崖崩れの箇所は、昔、蛎瀬街道に有った、ゴミ焼却場付近ではないでしょうか。
この付近、崖崩れが多くて、焼却場は山の上の方に移動したのではないかと思っています。
[ 2006/08/20 17:56 ] [ 編集 ]

そうです、焼却炉の跡のようです。
街道沿いに防護フェンスがありますから、小規模の落石はあるみたいです。
[ 2006/08/21 08:08 ] [ 編集 ]

この近くに昔ダイナマイトを保管していた所があった様に想います。
[ 2006/08/21 14:37 ] [ 編集 ]

ダイナマイトですか。炭坑には必需品ですね。そういえば、父は保安係員といったか、発破の係りだったような。。。
[ 2006/08/21 16:33 ] [ 編集 ]

記憶違いでしたお許し下さい。
昔、蛎瀬街道に有ったゴミ焼却場付近でしたら、昭和40年代頃にも崖崩れが有ったと思います。確かな場所は思い出せませんが、蛎瀬ぐらいで、島を一周していたバスが、折り返し運転をしていたと思います。
 そして、この地点から少し蛎瀬に行った箇所の山腹に、まゆみさんがおっしゃるダイナマイト保管庫があったとおもいますし、ダイナマイト保管庫の近くに当時の火葬場が有ったと記憶しています。
以上、暗い想い出ばかりで申し訳ありません。
[ 2006/08/21 21:19 ] [ 編集 ]

郵便局や小林食堂の裏も工事してますから、あの辺から蛎瀬辺りは脆い岩盤なのでしょう。
[ 2006/08/22 13:08 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://akanecafe.blog120.fc2.com/tb.php/703-6d6e3e64






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。