スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

6月1日

昭和21年(1946)
保安委員会、発会式
協和会館別館で挙式、終了後、中西爆発試験所長の講演が行われた。

昭和22年(1947)
芸能のコンクール予選会を開催
鉱山文化連盟主催の芸能コンクール高島予選会が行われ、演劇・歌謡曲・舞踊・音楽の各部の代表を選出。

昭和22年(1947)
三門順子一行来演(入場料15円)

昭和26年(1951)
会社整員係を、現務係と改名
以前は入籍係と呼びその後整員係となり、今回砿員の入籍・解雇等の異動のみの職務を拡張するのに伴い改名。

昭和27年(1952)
職員用アパート完成
昨年11月1日着工の職員アパート(尾浜Aアパート5階30戸)が完成。

昭和29年(1954)
国民健康保険事業が開始
昭和13年4月国民健康保険法が公布され、市町村単位による任意設立・任意加入の国民健康保険組合が発足し、23年には法改正により、市町村公営の任意設立・強制加入となり、本日(29年6月1日)より当町も国民健康保険事業を開始するが、33年に新国民健康保険法が制定され、実施が義務化。

昭和38年(1963)
東京武蔵幼稚園々長講演
仲田安津子園長の「幼児のしつけ」と題しての講演と指導が協和会館で行われ、約350名が参加。

昭和40年(1965)
町指定金融機関制度を実施
町指定銀行として、18銀行本店を指定したが、47年4月から親和銀行大波止支店に変更指定。

昭和45年(1970)
婦人学級技術講座・健康教室・家庭教育学級開設
婦人学級技術講座100人・健康教室63人・家庭教育学級36人で開設。

昭和47年(1972)
光町に保健相談所開所
光町(金堀、役場前)砿員木造31号社宅を改造して、町の保健相談所として開設。

昭和48年(1973)
高島ー長崎貨物フェリーが就航
第一便10時10分高島発で、日に二便運航と時間帯が利用者の不評で、翌年49年6月1日には休航。

昭和49年(1974)
カギッ子教室を、蛎瀬児童館に開設
毎週月~金、13時から17時開設。

昭和50年(1975)
高齢者技術学級を開設
60才以上の高齢者を対象に、定員40名の版画・陶芸・編物教室を開設。

昭和54年(1979)
砿業所、原価低減抜本策を実施
砿業所は、48年、50年と合理化、さらに52年には、2,500t体制を推進し努力したが、海底炭鉱の宿命で業績が悪化。操業を継続していくための抜本策として賃金カットなどの原価低減策を提案。組合は反合理化闘争のストを行い、交渉の結果、賃金6.1%・福利厚生1.4%・その他1%・計8%、月額平均23,260円減で5月23日妥結。6月1日より実施。

昭和58年(1983)
毎月1日を「少年の日」に制定
県は、1日を「少年の日」と制定、町でもこれに併せて、「明るい住みよくする町民会議」主催で小高学年・中・高生全員・一般参加のパレードを、小・中グラウンドをそれぞれ出発し、西浜グラウンドで合流し、第1回少年の日町民総決起大会を開催。

平成8年(1996)
各自治会に、草刈器1台を支給
[ 2007/06/01 07:59 ] 長崎 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://akanecafe.blog120.fc2.com/tb.php/877-efdf7dbb






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。