6月5日

明治27年(1894)
三菱、横島の坑区を取得
明治25年、長崎の尾上栄文と深堀の峯眞興が試錐を行い五尺層を発見し、その坑区を三菱が尾上栄文より譲り受ける。明治30年2月出炭開始、将来有望視されていたが、再三の坑内湧水に、多大の労力と経費28万円を投じ、種々の対策及び研究を重ねたが、成功の見込み無しと遂に明治35年1月27日廃坑となる。

昭和27年(1952)
蛎瀬厚生課売店が開店
山手木造社宅下(山手浴場付近)に厚生課売店として開店。

昭和58年(1983)
環境美化行動の日制定町内一斉清掃を実施
町の音頭取りで衛生自治会・PTA・子供会の参加で行われ、1,932人参加。空き缶5,600個を回収。
[ 2007/06/05 14:14 ] 長崎 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://akanecafe.blog120.fc2.com/tb.php/882-107b2ce9