8月20日

昭和45年(1970)
し尿処理場完成
蛎瀬立坑横に、総事業費39,939千円(うち国庫9,300千円、起債17,400千円)で海水希釈による酸化方式。処理能力1日当り12㎘の第3次し尿処理場が完成。

昭和50年(1975)
生協定員削減等で合理化
現定員42名を33名に削減。

昭和54年(1979)
労働組合の黒い霧問題法廷闘争俄終息
45年4月18日発生の「黒い霧事件」法廷闘争に持ち込まれたが、被告側の仮処分申請取り下げにより終息。
[ 2007/08/28 09:15 ] 長崎 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://akanecafe.blog120.fc2.com/tb.php/963-6a64341e